落語はビジネスにも役立つ!「笑う力」を身につけたい

アマチュア落語家・おさむ家太助が、落語の魅力を考えます。

落語家は、YouTubeに高座の動画をアップすべきなのか?(2)

こんにちは、アマチュア落語家の太助です。以前、落語家はYouTubeに高座の動画をアップすべきか? というテーマを考えてみました。今日は、その続編になります。 (前回の記事) osamuya-tasuke.hatenablog.com 第1回では、「売れる」という要素を以下の5つ…

猫好きのための落語って、あるのかニャ!?

こんにちは、太助です。私は、自他共に認める猫バカ。街で猫を見かければ、「ニャ」と言って話しかけ、飼い猫が外で喧嘩をしていれば、必ず駆けつけて加勢します。いつでも、自分の飼い猫のほうが正しいと信じ込み、太助という名前も、実は昔の飼い猫の名前…

太助セレクト落語 見逃したくない!9月のお勧め落語会(2)

こんにちは、太助です。2017年9月中旬の、太助お勧めの落語会をピックアップしました。ぜひ、参考にしてください! 入船亭扇遊を聴く会 日時:9月10日(日)、開演:18:30 料金:全席指定 3,000円 出演:入船亭扇遊 場所:三越前 お江戸日本橋亭 問い合せ:0…

日本版カジノを作るなら、高度なエンターテイメントのセンスが必要(1)

こんにちは、太助です。落語で、「飲む(酒を飲む)」「打つ(賭博をする)」「買う(女郎を買う)」は、欠かすことのできない題材です。人口比で男性の多かった江戸では、この飲む、打つ、買うが、大きな娯楽であったことは間違いありません。 「打つ」とは…

闇の奥から聞こえてくるのは……。怪談「生きている小平治」

こんにちは、太助です。落語には怪談噺(かいだんばなし)というジャンルがあります。怪談というと稲川淳二さんが有名ですよね。 テレビや映画と違い、落語は、映像がなく、語りだけで展開していきます。すべての情景は、聞き手である私たちの想像力にゆだね…

落語家は、YouTubeに高座の動画をアップすべきなのか?(1)

こんにちは、アマチュア落語家の太助です。私は勝手に、落語業界の私設応援団を自認しています。そこで今日は、落語家はYouTubeに高座の動画をアップすべきか? というテーマを考えてみたいと思います。 なぜ、こんなことを言い出したかというと、「私の好き…

落語をやって初めて分かった! 男着物の魅力と面白さ(1)

こんにちは、アマチュア落語家の太助です。落語を始めるようになって、必要になったのが着物です。 これまでの人生で、着物を着たことなど一度もありません。そこで実家の母親に「落語を始めるので、着物が必要」と告げたところ、「取りあえず、一揃い、作っ…

落語を観るなら余一会(よいちかい)は、要チェック!

こんにちは、太助です。落語を観る場合、東京であれば、寄席(よせ)かホール落語のどちらかを選択するということになります。 1年中、落語が聞ける寄席は、東京では、新宿末廣亭、上野鈴本演芸場、池袋演芸場、浅草演芸ホールの4か所です。 これらの寄席は…

変幻自在の名プレーヤー:瀧川鯉昇「鯉のぼりの御利益」

こんにちは、太助です。今日はお勧め落語本として、瀧川鯉昇(りしょう)師匠の「鯉のぼりの御利益」を紹介します。 鯉昇師匠の魅力といえば、やはり豊かなバリトンから繰り広げられる、フンワリとした心地よい独特のリズムでしょう。長い噺でも、短い噺でも…

太助セレクト落語 見逃したくない!9月のお勧め落語会(1)

こんにちは、太助です。2017年9月上旬の、太助お勧めの落語会をピックアップしました。ぜひ、参考にしてください! 渋谷に福来る(毎日新聞落語会) 日時:8月23日(水)、開演:19:00 料金:全席指定 3,800円 出演:桃月庵白酒、春風亭一之輔、三遊亭白鳥、…

志ん生、小三治、志の輔を聴き比べると……。落語家の演出によって、落語はこんなにも変わる!

こんにちは、アマチュア落語家の太助です。私たちの落語教室では、やりたい演目を決めたらCDやDVD、ネットで音源を探し、それを台本として書き起こし、暗記をします。この音源を探す際、1つの演目について、複数の落語家の噺を聞き比べ、自分に合う音源を見…

トップマネージャーが「遊びを身につけて、表に出す」とは?

こんにちは、太助です。今日は、「落語はビジネスに役立つ」というテーマで考えてみたいと思います。 私の好きな落語に「百年目」という噺があります。この噺に出てくる「遊びを身につけて、表に出す」というセリフが、私にはとても印象的です。ご紹介したい…

お勧めの落語家:柳亭左龍~ふくよかで、艶やかな古典の名手

こんにちは、太助です。暦の上では、夏は立夏から立秋の前日までなので、8月6日頃迄のはずですが、まだまだ暑さは続きそうです。 うだるような熱気の中、人形町で開催された「第1回 柳亭左龍 独演会」(7月25日)に行ってきました。 開演まで少し時間があっ…

落語のお勧め本「今夜も落語で眠りたい」

こんにちは、太助です。毎日、暑い日が続きますね。「千両みかん」という落語を一生懸命、稽古しています。夏場に蜜柑などなかった江戸の頃。燃えるような炎天下、番頭さんが蜜柑を探して、江戸中を走り回る噺です。地球温暖化が進む今の東京と、冷房などな…

「超入門!落語THE MOVIE」の魅力を考える

こんにちは、アマチュア落語家の太助です。田舎に住んでいると、夏は蚊に悩まされます。洗濯物を干すときなど、虫よけスプレーを使うのですが……。蚊ってヤツは、塗っていないところを探すのが実にうまいですよね。昨日、耳の裏側を刺されたときは、「耳なし…